オイルで超時短!入浴後のボディケア方法

お風呂上りのフェイスケアは女性であれば手間や時間をかける方も多いと思いますが、どうしてもボディケアは後回しになってしまいがちですよね。働く女性や主婦など毎日忙しい人は特に、冬の乾燥で肌がかさかさでかゆいという状態になってからやっとボディケアを考えるという方も多いのではないでしょうか。実際お風呂上りにボディクリームを塗ろうと思っても、寒いから後回しにして先に服を着たくなってしまいますよね。そして服を着てしまうとボディケアは明日でいいやという気になってしまいますよね。そんな女性に向けて、今回は入浴後30秒でできるボディケア方法を紹介します。

 

そのボディケア方法とは、入浴後に体をふく前にオイルを全身に塗ることです。

体が濡れたままの状態で塗ってかまいません。むしろ水分が残っていた方がオイルがよく伸びて塗りやすく、肌にも馴染みやすいです。入浴後は水分が飛んで乾燥しやすい状態なのですが、入浴後すぐにオイルで蓋をしてあげることで水分の蒸発を防いでくれます。

 

オイルの種類は美容用であれば何でもかまいません。乾燥に悩んでいるようであればホホバオイルをおすすめします。比較的低価格で手に入るので、美容にあまりお金をかけられないという方でも導入しやすいのではないかと思います。ホホバオイルであれば顔に塗ってもよいものも多いので、ボディケアだけでなくフェイスケアに使うのもよいと思います。
美容術12
冬など乾燥が厳しい季節はもちろんのこと、1年を通じてオイルでのボディケアを続けることで、柔らかくすべすべの肌をキープすることができますよ。シャワー後や入浴後に浴室内でさっと塗るだけなので、浴室内に1本オイルを置いておけば、めんどうくさがり屋の方やお子さんがいて自分のことは後回しになってしまうという方でも続けられると思います。

 

ボディケアが毎日続けられないという方は、この30秒で出来るオイルを使ったボディケアを試してみてはいかがでしょうか。